«  2016年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 女性と歯周病【国分寺・西国分寺・武蔵小金井の杉山歯科医院】 | メイン | 紫陽花【国分寺・西国分寺・武蔵小金井の杉山歯科医院】 »

2014年7月 1日

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はいません。

乳歯がはえはじめるころから3歳くらいまでに、主に保育者であるお母さんから
うつりやすいといわれています。

2歳~3歳までに、むし歯菌が子どもの口の中に住みつかなければ将来むし歯になる
可能性を大きく減らせます。

むし歯菌は口移しで食べさせることでうつりやすくなります。

歯ブラシやスプーンなどを共用するのはやめましょう。

唾液に混じったむし歯菌がスプーンを介して赤ちゃんの口にうつってしまいます。

ただあまり神経質になりすぎず、むし歯を治療したり歯磨きを丁寧に行う、キシリトールを習慣的に取り入れる等の方法が効果的です。


20289163.jpg

依田

お口の中のお悩み、お気軽にご相談下さい。
TEL 042-322-8200 杉山歯科医院
国分寺・西国分寺・武蔵小金井の杉山歯科医院のホームページはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.implant-tokyo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/541

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。