トップへ » 院長あいさつ・経歴 » スタッフ紹介 » 歯内療法専門医 梅田貴志(立川 ソフィアデンタルクリニック分院勤務)

歯内療法専門医 梅田貴志(立川 ソフィアデンタルクリニック分院勤務)

歯内療法専門医:梅田貴志経歴
神奈川歯科大学 卒業
医療法人社団清浩会 東村山インプラントセンター さくら歯科クリニック 分院長 歴任
藤本研修会 補綴咬合コースⅠ 修了
ペンシルバニア大学 Microscopic Training Course in Surgical Endodontics 修了
PESCJ: PENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN 修了および所属
PESCJ Outstanding Participant Award 受賞
AAE: 米国歯内療法学会 Associate Member
JEA: 日本歯内療法学会 所属
PESCJ 歯内療法認定医・インストラクター

魅せられた歯内療法領域の歯科医療
現在、歯内療法領域の治療のみを行うようになる以前は10年程の間、一般歯科臨床に携わってきました。 大学時代から歯科医療の最先端に興味があり、インプラントセンターの門を叩きインプラント学を中心に研修等に積極的に参加し臨床応用してまいりました。

大学時代や卒後研修の多くの恩師の教えに従い歯科医療とは精密でなければならず、どの歯科治療においても精度が予後を左右することを念頭に日々臨床を実践してきましたが、 歯内療法の学習をする機会を頂き、医療上のコンセプトが明確であることや盲目的な治療から直視直達できる環境への変化、 また術者主導の結果が歴然と出る歯内療法領域の歯科医療に魅せられてしまいました。

歯内療法の水準を向上させることに貢献し、結果的に患者様の利益につなげる
以前まではインプラント学を学び臨床応用してきましたのでインプラントが非常に素晴らしい欠損補綴療法であることは十分に理解しており否定する考えは全くありませんが、現在は歯内療法領域の疾患で歯牙を抜歯することに強く抵抗を感じてしまいます。

私も以前は係わっていましたが、保険医療制度の限界と平行して我が国の歯内療法が世界的にも低水準であることや、いくつかの間違った解釈をされていることに気付き、 微力ながらも我が国の歯内療法の水準を向上させることに貢献し、結果的に患者様の利益につなげることができればと考えております。

歯内療法専門医:梅田貴志


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » スタッフ紹介 » 歯内療法専門医 梅田貴志(立川 ソフィアデンタルクリニック分院勤務)


コールバック予約