2009年4月 « トップへ » 2013年1月

2010年4月26日

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。

歯周病の原因は何よりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢=細菌をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切です。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病は何歳位から起こるものですか?

歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周炎の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりうるものなのです。

また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんど無いために、発見が手遅れになることもしばしばです。歯周病を予防するために、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が重要です。

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及んで、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失うほどの重いケースもあります。

一方で歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じものです。

これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。一方で最近は、歯肉だけでなく、歯を支える歯槽骨を始め、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

日曜・祝日は診療していますか?

インプラント治療については、日曜・祝日も対応しております。(予約制)

上アゴの骨が少ないって言われましたが・・・。

サイナスリフト[Sinus=上顎洞 Lift=持ち上げる](上顎洞底挙上術)が必要になる場合があります。インプラントを確実に保つには強固な骨にインプラントを入れることが重要なポイントです。しかし、年齢に関係なく部位によって骨の厚み・硬さが異なります。

特に上顎の臼歯部では歯の上(頬の下)あたりに上顎洞という大きな空洞があり、骨が薄い部分ではインプラントを固定するのに十分な骨量が得られない場合があります。

現在使用されているインプラント体で最も短いものは8mmですので、例えば上顎の厚みが4mmなどでは充分な固定が得られません。そういった場合、足りない部分に骨移植を行うことで(骨によって底上げをすることで)確実な処置が行えます。

術後の薬は?

通常、抗生物質・消炎鎮痛剤を1~2週間飲んでいただきます。痛み止めは痛みがある時に飲んでいただく形になります。

上にかぶせるもの(上部構造)は?

外科治療を成功に終わらせたとしても、そこに装着する上部構造が適切なものである必要があります。

当センターでは歯科技工所の[清浩会デンタルラボ]を併設し、常勤の5人の技工士がより個々の患者さまにあった細かいニーズに合わせた微妙な製作や、時にはその場でドクターと技工士がチームアプローチとして取り組むことが可能です。

設備や処置環境はどうですか?

徹底した器具・器材の滅菌はもちろんのこと、クリーンルーム仕様のインプラント専用オペ室を完備しております。

歯を抜いてすぐにインプラントをすることはできますか?

歯自体・歯のまわりが感染していなければ、歯を抜くと同時にインプラントを行うことができます。

金属アレルギーなのですが大丈夫ですか?

インプラントはチタンからできており、チタンは生体為害性が最も少ないと言われています。

ブローネマルクシステムによるオッセオインテグレーテッド・インプラントは、1952年にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士がチタンと骨が完全に結合することを発見したことから生まれたものです。

インプラントを入れたら、よく噛めますか?

ブリッジや入れ歯などでは思い切り噛めなかったり発音障害がでたりすることがありますが、通常、1~6か月で自分の歯のようによく噛めるようになります。

保証とかはありますか?

当センターではインプラント本体に対して20年の保証を致します。ただし、ケースによっては対象外になるものもあります。

手術の時間はどれくらいですか?

3本くらいまでなら30分程度です。ただし処置の前にはお口の中のクリーニングや消毒で30分、処置後に少し休んでいただくのを30分とすると1時間30分程度で終わります。

処置の後は生活に支障がありませんか?

処置当日は出来る限り安静にしていることが望ましいですが、4本から5本までなら家事や事務仕事なら問題ありません。

処置は痛くないですか?

当センターでは専門の歯科麻酔専門医と連携しておりますので、静脈内鎮静法を行うことで患者さまは有意識下でかつ無痛的に治療をうけることができます。

治療費はどれくらいですか?

当センターでは1本30万円で行っています(上部構造を除く)。
各サイトをご覧になられると違いがあると感じられるかもしれませんが、最も良いブローネマルクシステムを使ってこの値段は決して高いものではありません。

治療法に差があるのですか?

一般的に日本では10種類以上のインプラントの種類がありますが、世界的に最もシェアがあり、科学的根拠のあるインプラント(ブローネマルクシステム / スウェーデン)を当センターでは使用しております。

このインプラントは1965年初めて人工歯根としての臨床応用をスタートして以来、最も実績があり、すべてのインプラントの礎になっていると言っても過言ではありません。

待っている間は、歯がないのですか?

インプラントをいれた両隣に歯があれば仮歯を接着していれたり、歯がなければ入れ歯で仮歯を入れることができます。

治療期間はどのくらいですか?

骨の硬さによりますが、その日のうちにインプラントによる歯も入れることが出来ます。- [ One Day Treatment ]

骨が軟らかい方は下顎で4か月、上顎で6か月待たなければなりません。

自然な感じに、わからないようにできますか?

歯がなくなると歯茎もなくなることを忘れがちです。歯茎が大きくやせてなければ、かなり審美的にできます。

骨がなくてもできますか?

CTを撮れば、斜めに入れたりして出来る場合もありますが、骨移植が必要な場合もあります。

インプラントは何本必要ですか?

実際患者さまのお口の中や骨の状態などを見ませんと正確なことはいえませんが、一般的に上顎・下顎の前歯から小臼歯までは歯1~2本につき1本、奥歯(上顎・下顎の大臼歯)については基本的に歯1本につき1本ですが、噛み合わせなどによっても変わります。

2010年4月21日

奥歯をセラミックにしても割れませんか?

セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。かぶせものやつめものに使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。

歯と歯の隙間が気になるのですが......

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。

とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

セラミックは変色しませんか?

セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀歯のつめものを一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

審美歯科治療に保険は適用されますか?

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。

真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です。

歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。

どのくらいの期間で治りますか?

治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。

審美治療ってなんですか?

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さまが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。

「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。


2009年4月 « トップへ » 2013年1月


コールバック予約