2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日

2009年4月14日

金属アレルギーなのですが、治療できますか?

セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。当院では、患者さまがどの金属にアレルギーを持っているかを大学病院に依頼して分析し、症状やご希望に合わせた最適な素材を選択します。

かぶせものは、歯ぐきが黒く変色するとお聞きしたのですが......

オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。

なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。

治療期間中、歯のない期間がありますか?

歯のかぶせものを外したり削った後は、仮の歯を入れます。

普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します。

歯のクリーニング(PMTC)だけで歯を白くすることは出来ますか?

歯の表面の着色の場合はクリーニング(PMTC)だけで、きれいになります。

歯の内部的変色や本来の歯の色以上に白くしたい場合は、ホワイトニングやセラミックなどの方法もあります。

ホワイトニングはどれくらいで治療が終わりますか?

患者さまによりますが、ホームホワイトニング(ご自宅で行う方法)で1か月、オフィスホワイトニング(歯科医院で行う方法)なら3~4回ほどで効果を感じる方が多いようです。ただし、個人差が大きいのも事実です。

お急ぎであれば、歯の状態に応じた、できるだけ早い方法をご提案させていただきます。ご相談ください。

ホワイトニングは痛みがあると聞いたのですが......

痛みの感覚は個人差が大きく、同じ薬剤でも痛みがある方とない方がいらっしゃいます。当院では、ホワイトニングの方法を調節したり、知覚過敏抑制ジェルを併用したりすることにより、多くの患者さまが苦痛なくご希望の白さまでホワイトニングを行っています。

ホワイトニングをしても白くならないことはありますか?

つめものや差し歯などの人工の歯、グレーに変色している歯は、ホワイトニングをしても白くなりません。このような歯を白くすることをご希望であれば、セラミックなどの審美歯科治療をお勧めしています。

また、変色の度合いが強い場合、歯に茶色の縞模様が存在している場合は、なかなか白くなりません。とはいえ、ホワイトニング方法の調節で、目立たなく改善でき、患者さまにもご満足いただく結果を得ています。あきらめず一度ご相談ください。

インプラントは安全ですか?

インプラントは安全です。
世界では40年以上、日本でも20年以上の長期成功例がたくさんあります。

治療の説明は受けられますか?

インプラント治療を行う前には、パノラマ写真や模型、参考資料を使って通常30分以上かけてご説明致します。ただそれでも内容を100%理解することは難しいかもしれませんが、説明を通じて私たちの考え方や姿勢を感じていただき、そのドクターを信頼していただけるかどうかだと考えております。

インプラント治療は費用もかかり、外科的な処置も必要なため何度もやり直したくないということは私たちも理解しております。説明時には患者様にとって不安を感じることも正直にお伝えしなければならないこともあります。その過程で患者様とドクターの間で信頼関係を築き安心して治療をうけていただけることが大切だと考えております。

インプラントは一般的ですか?

当センターでは3日に2人の割合でインプラント手術を行っています。

インプラントの成功率は?

当センターでは98%の成功率です。昨年度は205症例のオペを行っています。98%の成功率は世界でも最高水準です。

50本インプラントを行うと1本脱落する場合があります。脱落した後は、通常1か月待って再度インプラントを行います。

インプラントの長所・短所は何ですか?

どの治療にもメリット、デメリットがあります。インプラントのデメリットは費用がかかることと、外科的処置(抜歯程度)が必要なことです。

メリットは取り外しの必要がないこと、審美的なこと、食事の制限がないこと、歯よりメインテナンスが楽なこと、発音障害が少ないこと、隣の歯への負担が少ないこと、快適であることなどです。


2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日


コールバック予約