トップへ » 当院のインプラント治療 » 骨が十分でない人には?

骨が十分でない人には?

骨が十分でない人には

通常、骨の量が不足しているとインプラント治療は難しいとされていますが、骨の量を増やすことで治療が可能になります。

骨の量を増やす治療方法

骨の量を増やす治療方法1.サイナスリフト
サイナスリフトとは上顎の小臼歯から大臼歯にかけて骨の厚みが足りないとき、骨の量を増やすために上顎洞を引き上げる処置をいいます。

顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があります。通常、骨の厚みが5mm以上あれば問題ありませんが、それ以下の場合、インプラントを埋入しても突き抜けてしまい治療ができません。そこで、サイナスリフトで上顎洞を引き上げ、そこに出来たスペースに骨移植を行って骨の量を確保します。比較的に歯槽骨の量があるときは、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行います(一回法)が、不足しているときは、サイナスリフトを先に行って骨が安定するのを待ってからインプラントを埋入します。なお、骨が安定するまでには、おおよそ4~6か月かかります。

2.骨移植
患者さまご自身の骨を使う方法と、現在では日本の厚労省が認めた人工骨を使用する方法があります。自身の骨を使う場合は、一般的に親知らずの付近や下顎の前方部分から移植する骨を採取します。

3.スプリットクレスト
顎の骨の高さは充分あるが幅が狭いとき、骨を押し広げてインプラントをいれます。通常は、上顎の前歯にあたる部分に行います。

4.頬骨インプラント(ZYGOMA IMPLANT)
上顎の小臼歯から大臼歯にかけて骨が不足していて、サイナスリフトや骨移植では対応が難しいときに行う方法です。

5.仮骨延長術(Distraction Osteogenesis)
専用の器具を用いて垂直に骨を増生(延長)させる術式です。骨移植や骨補填材などを使わずに治療ができることから、近年高い関心を集めています。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院のインプラント治療 » 骨が十分でない人には?


コールバック予約