トップへ » 当院のインプラント治療 » 入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯・ブリッジとの違い


失われた歯の機能を取り戻す治療方法には、インプラント治療以外に「入れ歯」「ブリッジ」があります。

橋をかけて固定する【ブリッジ】ブリッジ
失われた歯の両隣にある歯を削って土台にし、橋をかけるようにして人工歯を被せる治療方法です。

●固定式なのであまり違和感がない。
●自分の歯と同じような外観を回復することができる。
●はずして掃除する必要がない。
●土台となる歯を切削しなければならない。
●土台にした歯に負担がかかり、清掃性が悪くなる。


簡単で比較的費用がかからない【入れ歯】入れ歯
失った歯の機能を回復する、簡単で比較的費用がかからない治療方法です。

●大きな欠損にも対応できる。
●比較的安い。
●噛む力が減退し、硬いものが噛みにくくなる。
●口の中の違和感を感じやすい。
●部分入れ歯の場合は、隣の歯へ負担がかかる。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

項目/治療法 インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性 ◎優れている ○良い △良くない
噛む力 優れている 良い 弱い
口内衛生 優(要お手入れ) △不衛生になりやすい ×不衛生になりやすい
耐久性 優(要お手入れ) △両隣の歯に負担 合わなくなることが多い
健康な歯を削る なし 両隣の歯を削る なし
違和感 なし 少ない 有り
顎骨がやせる なし やせることがある やせることがある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
顎骨がやせる なし やせることがある やせることがある
診療形態 自由診療 保険診療
審美性・機能性重視は自由診療
保険診療
審美性重視は自由診療
治療期間 △2か月~6か月(長い) 2週間~2か月 2~3週間

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院のインプラント治療 » 入れ歯・ブリッジとの違い


コールバック予約