トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 根管治療 » 【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「虫歯を治療したのに痛い」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」

根管治療

「根管治療」は、重症化した歯の寿命を引き延ばすための治療
歯を治療した後に、痛みや腫れを訴えることがあります。そのまま放置していると、歯の神経が壊死し、根の先に膿がたまって歯茎が腫れてきます。その状態になると治療が難しくなり、ひどいときは抜歯をしなければなりません。こうした悪化した歯に施す処置が「根管治療」です。虫歯が神経に達したまま放置していると、最終的には歯を抜かなければなりません。根管治療は、重症化した歯を残すことができる、唯一の治療といえます。

なぜ、自身の歯を残すことが大切なのか?
歯の根の周りには歯根膜という神経の膜があります。人はその膜を介在させて咀嚼し食事することにより脳に刺激を送ります。言い換えれば差し歯であっても自身の歯で噛む、食事をするということに大変な意味があります。脳にいく血流量が変わってくるので痴呆になる率も変わってきます。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 根管治療 » 【根管治療】歯を抜かずに、残す治療


コールバック予約