トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 根管治療 » マイクロスコープを使った、精密根管治療(マイクロエンド)

マイクロスコープを使った、精密根管治療(マイクロエンド)

精密根管治療(マイクロエンド)とは?マイクロスコープ
「マイクロエンド」とは、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認できる顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した精密根管治療です。

ミクロン単位の繊細な技術が求められる
根管内は細くて肉眼では確認が難しく、途中で曲がっていたり枝分かれしたりと、複雑な形状をしています。また、一人ひとり違う形状をしているため、根の状態に併せて治療しなければなりません。そのため、ミクロン単位の歯科技術が求められてきます。

どのようなときにマイクロエンドが必要なのか?
初回の歯の神経を取る抜髄、なかなか治らない根尖病巣の根管治療、深い虫歯治療、すべてマイクロエンドを行うのがベストです。ただし、すべての根管治療をマイクロエンドで行うのは費用がかかるので、当院では、患者さまと相談をしながら治療を進めていきます。

アメリカでは、ほぼ100%の普及率。日本では...
歯科医療の先進国・アメリカでは、ほぼ100%の歯科医院がマイクロスコープを導入しています。これに対して日本の導入率はまだまだ。大学病院の根管治療を専門に行う医局でもマイクロエンドを行える歯科医はほぼいないのが現状です。実は、機器そのものが高額な上、操作方法が難しく、取り扱うにはトレーニングが必要だからです。

梅田貴志医師歯内療法(根管治療)の専門医による治療が受けられる
当院では、歯内療法(根管治療)の専門医である梅田貴志医師が在籍しており、高度なマイクロエンドが受けられます。梅田医師による治療をご希望の方は、ご予約をお取りできますので、お問合せください。

※立川市の専門診療所へのご紹介となります(当医療法人グループ内の医院
梅田貴志医師の経歴はこちら


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 根管治療 » マイクロスコープを使った、精密根管治療(マイクロエンド)


コールバック予約