トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 根管治療 » 根管治療(マイクロエンド)の流れ

根管治療(マイクロエンド)の流れ

根管治療の処置は、歯の状態などにより治療手順や通院期間が異なりますが、一般的には、次のような流れです。※治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

【1】初診時レントゲン写真
初診時レントゲンレントゲン写真では根の周りに大きな黒い影が見える。約1年前に再治療を他院にてしてもらったが、最近歯茎が腫れてきて噛んだり、押したりすると痛むようになってきた。この歯に対する治療は当院で行うと3回目となる。紹介元の先生によると根が割れているかもしれないと言われた。既存の根管治療についての所見としては、それほど不十分な治療を受けている印象はない。また、前医では感染を防ぐラバーダムの装着もあったとのことである。
次へ
【2】根管治療開始時
根管治療開始
カウンセリング後、同意を得て治療開始。
左側の2つの穴をつなぐ部分には歯髄の取り残しが大量に含まれる。
一見すると通常の神経管の配置と見受けられる。
次へ
【3】根管治療中
根管治療中
しかし、顕微鏡下で観察しながら治療すると右側の穴の下の方に新しい神経管が出現した。
これについては全く手が施されていない状態であった。
次へ
【4】根管治療完了時
根管治療完了
可能な限りの汚れを取り除き、消毒した後に、細菌が再度繁殖しないように神経管を塞いだ状態。
この時点で、初めにあった症状は全く消失している。
次へ
【5】治療完了時のレントゲン写真
治療完了レントゲン
治療来院期間は4回の来院で約1か月である。
この後に紹介元の先生に戻って頂き、被せの治療を施して頂く。
根の周りの黒い影の変化を1年後に再度検査する必要がある。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 根管治療 » 根管治療(マイクロエンド)の流れ


コールバック予約