トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 入れ歯 » 当院の入れ歯の種類

当院の入れ歯の種類

【チタン床】軽くて丈夫で快適な装着感チタン床
上顎に面する床部分がチタンでできている入れ歯です。金属の中で最も軽くて丈夫で、快適に使用できます。また、熱伝導率がよく、食べ物の味を損ないません。使用するチタンには、金に近い硬度がある純チタンと、プラスチックに近い硬さのチタン合金があり、主に上顎の入れ歯に適しています。

食事が美味しくい食べられる【コバルトクロム床】コバルトクロム床
床部分にコバルトクロム合金を使った入れ歯です。丈夫で快適な装着感が得られます。熱伝導率がよく、食べ物の熱さや冷たさがわかるので、食事が美味しく食べられます。

【保険義歯】リーズナブルで日常の使用に最適保険義歯
プラスチック素材を使った入れ歯です。保険が適用できますので、費用を安く抑えることができます。始めて入れ歯を作るときは、保険義歯で入れ歯に慣れていただくことをおすすめしています。

【インプラント義歯】りんごが丸かじりできる噛み心地インプラント義歯
ノーベルケア社が開発した特許出願中の入れ歯で、インプラント・ロケーターとも呼ばれています。これは、通常の入れ歯に「ロケーター・アバットメント」を取り付け、インプラントと結合させて固定する画期的な入れ歯システムです。

●しっかりとした安定感でりんごの丸かじりができる
顎の骨の中にインプラントを移植して土台を作り、その上からアタッチメントを取り付けた入れ歯を装着します。インプラントで固定するので、ズレやがたつきがなく、自然な噛み心地が得られるので、りんごの丸かじりも平気です。
インプラント義歯

●インプラント治療との大きな違いは取り外しができること
お手入れが簡単にできるので、お口の中の環境を清潔に保つことができます。また、いまお使いの入れ歯にアタッチメントを装着でき、保険も適用できますので、費用を抑えることが可能です。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 入れ歯 » 当院の入れ歯の種類


コールバック予約