トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病は自覚症状がない病気

歯周病は自覚症状がない病気

近年、子どもたちの虫歯が減少している一方で、歯周病に感染する大人たちが増えています。厚生労働省の調査によると、日本人成人の80%が歯周病に感染しているという報告があります。もはや歯周病は国民病ともいえるでしょう。
歯周病

歯周病は、歯周病菌が引き起こす感染病
口腔内の汚れや歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間に深い溝ができます。これが歯周ポケットです。ここに細菌が繁殖すると炎症を引き起こし、やがて歯周ポケット内部にまで広がり、歯根膜や歯槽骨を溶かしていきます。さらに悪化すると、歯を支えきれなくなり、やがては歯が抜け落ちてしまうのです。

早期発見・早期治療が一番の予防
歯周病は、初期症状がほとんどなく、静かに進行していく病気です。自覚症状が現れた頃にはかなり進行していて、細菌による歯周組織の破壊が進み、すでに手遅れとなるケースも少なくありません。大切な歯を歯周病から守るためにも、早期発見・早期治療を心がけましょう。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病は自覚症状がない病気


コールバック予約