トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法について

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、細菌が繁殖している状態です。歯肉に炎症が起きて腫れや出血が見られます。

●ブラッシング指導を受けて、的確な歯磨きを行う。
●歯のクリーニングを1~2回受ける。

中等度歯周病中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立つ状態です。骨の後退が徐々に進み、歯周ポケットが深くなると、歯がぐらつき始めます。

●歯周ポケットの奥に付着している歯石を除去する。
●痛みが伴うときは、麻酔が必要。
●歯周ポケット(歯肉溝)の深さが4mm以上の場合は、歯周外科の適応になる。

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨が破壊されて後退し、歯の動揺が大きくなった状態です。

●重度の場合は、歯周外科
●それでも保存ができないときは、残念ながら抜歯。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法について


コールバック予約