トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 小児歯科 » 安全に治療を行うために、時には手足を抑えることがあります

安全に治療を行うために、時には手足を抑えることがあります

小児歯科万が一、暴れてしまうと麻酔の針を打つ場所が狂ったり、口腔内を傷つけたりして大変危険です。当院では、安全に治療を行うために、ご家族のご理解を得た上で、お子さまの手足を抑えることがあります。

もちろん治療には最善の注意を払っています。そんなお子さまを見ていると、ご家族の胸中も複雑だと思いますが、お子さまを危険から守るためには重要なことですので、ご理解いただければ幸いです。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 小児歯科 » 安全に治療を行うために、時には手足を抑えることがあります


コールバック予約