トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 詰め物や被せ物の処置は、歯肉の状態を改善してから

詰め物や被せ物の処置は、歯肉の状態を改善してから

歯肉の状態を改善もし、歯肉に腫れや出血がある状態で歯型をとったらどうでしょうか。その状態では、正確な歯型を取ることができません。仮に人工歯を被せたとしても隙間ができて、そこに細菌が溜まり虫歯や歯周病の原因になる恐れがあります。

治療を始める前に検査を行います
当院は、虫歯の再発を防ぐために、歯肉の状態を改善させてから補綴物(被せものや詰め物)の処置をいたします。まず、虫歯治療を始める前に歯周病検査を行って、必要に応じて歯石や汚れなどを除去し、歯肉の状態が安定してから治療します。
※応急処置が必要な場合は、この限りではありません。


トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 詰め物や被せ物の処置は、歯肉の状態を改善してから


コールバック予約