トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 小児歯科

泣かない、痛くない小児歯科

「泣き出して診察室に入れない」
「キーンという音を聞いて、怖がってしまう」

このような、歯医者さんが苦手なお子さまはいらっしゃいませんか?
小児歯科

お子さまのペースに合わせて、少しずつ治療を進める
院長やスタッフが優しく接しますので、泣いたり、怖がったりしなくて大丈夫です。不安な気持ちが消えるまで、お子さまのペースに合わせて少しずつ治療を進めます。何回か足を運んでいるうちに、歯医者さん好きなお子さまに少しずつ変わってほしいと考えております。

お子さまに接するときに、心掛けていること

小児歯科お子さまが診察中に口をぎゅっと結んでしまうのは、診察室が怖い場所だからです。そのため、お子さまに怖くないことを理解してもらうことが、泣かない、痛くない小児歯科治療のコツといえるでしょう。

お子さまが歯医者さんに気を許すと、お子さまからすすんで口を開けてくれて、治療がしやすくなります。

お子さまとたくさん話しをする
お子さまが笑顔で診察室に入っていくためには、コミュニケーションが欠かせません。「好きなアニメはなに?」「今度どこに遊びに行くの?」など、たわいのない話しをしています。

小さなことでも、できたことはしっかり褒める!
自分から大きな口を開けてくれたり、最後まで頑張って治療を受けてくれたお子さまには、「よく頑張ったね」と言ってあげます。お子さまは、保護者の方の気持ちに応えたいと思っています。褒められることで苦手意識を克服し、歯を大切にする気持ちが芽生えてきます。

安全に治療を行うために、時には手足を抑えることがあります

小児歯科万が一、暴れてしまうと麻酔の針を打つ場所が狂ったり、口腔内を傷つけたりして大変危険です。当院では、安全に治療を行うために、ご家族のご理解を得た上で、お子さまの手足を抑えることがあります。

もちろん治療には最善の注意を払っています。そんなお子さまを見ていると、ご家族の胸中も複雑だと思いますが、お子さまを危険から守るためには重要なことですので、ご理解いただければ幸いです。

当院のお子さまの歯を守る小児歯科

【歯磨き指導(ブラッシング) 】歯磨きのコツが身につくブラッシング
丈夫で健康な歯を作るブラッシング指導を行っております。歯ブラシの動かし方や、磨き残しのチェックを行い、歯磨き上手なお子さまへと導きます。

●歯ブラシの練習は、歯が生え始めた頃から
●歯磨きに慣れたら、歯医者さんでの歯ブラシ指導を

歯質を強化する【フッ素塗布】フッ素塗布
フッ素は虫歯を予防する効果があり、市販されている歯磨き剤などにも配合されています。フッ素は歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれる優れモノです。

●フッ素の虫歯予防効果は持続性がない
●3~4か月に一度、定期的なフッ素塗布がおすすめ

虫歯を防ぐ【奥歯の溝の処置】奥歯の溝の処置
お子さまの乳歯はとても柔らかくて溝が深いので、汚れが溜まりがちです。歯ブラシも上手く当たらず、すぐに虫歯になってしまいます。

●コンポジットレジンで溝に蓋をする
●汚れや細菌感染を防ぐ

コンポジットレジンとは?
歯に詰める前はペースト状ですが、固まると歯とほとんど変わらない硬さになります。歯と歯の隙間を埋めて形の修正や歯の表面のコーティングなど、まざまな用途で使用されます。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院がわかる7つの特徴 » 小児歯科


コールバック予約